ラボ関係者の受賞等歴

  • [25] 平成28年度 日本ナス科植物ゲノム研究シンポジウム(JSOL)2016・優秀ポスター賞:武井瞳 
  • [24] 平成28年度 日本植物細胞分子生物学会 奨励賞:有泉亨
  • [23] 平成28年度 日本学術振興会特別研究員DC2:江面健太郎
  • [22] 平成28年度 日本学術振興会特別研究員PD:篠崎良仁
  • [21] 平成27年度 筑波大学学長表彰賞:武井瞳
  • [20] 平成28年度 笹川科学研究助成 :羽尾周平
  • [19] トビタテ!留学JAPAN第4期生:高原優
  • [18] The 12th Solanaceae Conference (SOL2015) Best Poster Presentation Award: Kentaro Ezura: The identification of pistil-specific genes by global transcriptome analyses in tomato (Solanum lycopersicum).
  • [17] Interdisciplinary Workshop on Science and Patents (IWP) 2015・優秀発表賞:武井瞳
  • [16] 平成27年度 日本ナス科植物ゲノム研究シンポジウム(JSOL)2015・優秀ポスター賞高原優
  • [15] 第四回・サイエンスインカレ・グッドパフォーマンス賞:武井瞳「効率的トマト生産に関わる新規単為結果遺伝子の特定」
  • [14] 平成26年度 ARE研究発表会 優秀賞 受賞:武井瞳
  • [13] 平成26年度 生物資源学類卒業研究発表会学類長賞:本田悠理子「子室数を増加させる遺伝変異の利用によるトマト果実肥大性の強化」
  • [12] 第七回HOPE meetng参加:篠崎良仁
  • [11] 平成26年度 筑波大学若手教員奨励賞:有泉亨
  • [10] Best Poster Design Award(共同受賞)Ezura K, Ji-Seong K, Ariizumi T & Ezura H: Parthenocarpy for improving fruit production : isolation of pistil or early fruit specific genes of tomato. International Agricultural ESD symposium, November 10th to 14th, 2014, The University of Tsukuba
  • [9] 優秀ポスター賞(共同受賞)堤拓也、福島俊介、岡部佳宏、有泉亨、江面浩、梅原三貴久:TILLING法によるトマトのSlCCD8欠損系統の探索とその特性評価.International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014, 2014年10月25日~26日. 名古屋大学
  • [8] 平成25年度 生物資源科学専攻修論発表会専攻長賞:羽尾周平「トマト変異体を用いた雌蕊形成を制御する新規遺伝子の解析」
  • [7] Poster Presentation Award(共同受賞)Ezura K, Kim, J-S, Ariizumi T, Ezura H: Toward production of parthenocarpic GM tomato. Tsukuba Global Science Week 2013, University of Tsukuba, Japan.
  • [6] Bronze Poster Presentation Award(共同受賞)Nelson S, Ariizumi T & Steber CM:Microarray analysis of SLEEPY seeds to understand the mechanisms of seed dormancy and after-ripening. International Symposium on Diversifying Biological Resources. University of Tsukuba, Japan, Nov. 20th and 21th, 2013
  • [5] 平成24年度 生物資源科学専攻修論発表会専攻長賞:各務良「次世代シークエンサーを用いたトマトの色素蓄積に寄与する新規遺伝子の同定」
  • [4] 日本育種学会優秀発表賞(共同受賞) 有泉亨、木村あかね、羽尾周平、森一樹、江面健太郎、岡部佳弘、篠崎良仁、増田順一郎、鈴木穣、斎藤岳士、久原哲、青木考、江面浩: トマト果実分化機構解明に向けた新規遺伝資源開発
. 2012年9月. 第122回講演会日本育種学会
  • [3] 2011 PCP Cover Design Contest, 3rd prize(共同受賞)Okabe Y, Asamizu E, Saito T, Matsukura C, Ariizumi T, Brès C, Rothan C, Mizoguchi T & Ezura H:Tomato TILLING Technology: Development of a Reverse Genetics Tool for the Efficient Isolation of Mutants from Micro-Tom Mutant Libraries.
  • [2] 日本育種学会優秀発表賞(共同受賞)  岡部佳弘、浅水恵理香、斎藤岳士、松倉千昭、有泉亨、溝口剛、江面浩:トマト重要形質解析のためのTILLING技術の基盤開発. 2011年09月. 第120回講演会日本育種学会
  • [1] 優秀ポスター賞(共同受賞)Okabe Y, Asamizu E, Saito T, Ariizumi T, Mizoguchi T, Matsukuba C, Ezura H:Development of Micro-Tom TILLING platform. 平成22年度 日本ナス科・ウリ科ゲノム合同国際シンポジウム(岡山大学)